Last-modified: 2016年01月17日10時34分更新 (522d 経過) by (162.158.7.57)
Top > 三日月 > UR > 馨毒のスフェーン
図鑑No. 4282 4283 4284
名前 馨毒のスフェーン 馨毒のスフェーン† 馨毒のスフェーン††
進化段階1 進化段階2 進化段階3
画像 4282.png 4283.png 4284.png
レア度 UR
図鑑No. 4285 4286
名前 馨毒のスフェーン††† 馨毒芳香のスフェーン
進化段階4 進化段階5 ブースト
画像 4285.png 4286.png 4286_2.png
レア度 UR UUR
召喚魔力 14
属性
スキル
キャラ説明1 あらゆる人間は汚物に見えた。それが世界の真理だと教えられたから、不満はなかった。そのつもりだった――。
キャラ説明2 『スフェーン、人を信じるな』『スフェーン、目的のためには陥れろ』
『スフェーン、勝者に罪はない』『だから、敗北してはならない――』
キャラ説明3 呪いのように真理を説く人物は、もう――この世にいない。彼は棺桶の中にまで勝利を持って行けたのだろうか?
そんな疑問がふとよぎる。けれど、別によかった。
答えなんていらない。不確かであることは、スフェーンにとって最大に優雅なことだった。
確かなことが一つだけ、あるなら。
キャラ説明4 何故あの日、自分が泣いていたのか――その理由も不確かだ。とある幼い日、スフェーンはわけもなく泣いた。突然、涙が溢れ出して、自分でも不思議だった。
世界や自分のすべてがただ哀しくて、哀しすぎて、けれど、何故哀しいのかは不確かだった。今でも、理由は分からない。でも――。
「君の薔薇が咲いて、涙が止まったことだけは、確かなんだ―――」
キャラ説明5 「大好きだよ、昨日もそう言ったじゃないか」「そう――信じてくれないんだ。別にいいさ、それでも」
「重要なのは、僕が君を好きだというコトだけだから」
「君は僕に勝手に好かれていなよ。それでいいよ」「泣くことも、不安がることも必要ない。心配しなくていいんだ、君は」
「っていうか――君の涙も君の不安がるその心も、僕にはすべてが愛おしいから、何を訴えても無駄だってコト」
「さあ、君の薔薇を――ちょうだい?」
ブースト図鑑 年齢 16 深く吸い込んでみて?この、僕の香りを…。
誕生日 10月5日
身長 155
体重 40
3サイズ B70/W53/H67
その他