Last-modified: 2016年01月21日21時37分更新 (667d 経過) by (162.158.7.57)
Top > 満月 > UR > 奈落のヨミ
図鑑No. 1186 1187 1188
名前 奈落のヨミ 奈落のヨミ† 奈落のヨミ††
進化段階1 進化段階2 進化段階3
画像 1186.png 1187.png 1188.png
レア度 UR
図鑑No. 1189 1190
名前 奈落のヨミ††† 黄泉還りのナラク
進化段階4 進化段階5 ブースト
画像 1189.png 1190.png 1190_2.png
レア度 UR UUR
召喚魔力 14
スキル 死者蘇生 全属性攻防↑↑↑↑LvUPで威力UP (最初値:14%,最終値:35%)
キャラ説明1 ヨミの魔法は禁忌と言われる【死者蘇生】しかしそれは、死者を完全に甦らせる完全蘇生とはほど遠いものであった。
ヨミの【帰還】により、生者と死者の境は虚ろとなり、東国には鬼があふれた
「くは…くはははは…私は還った。還ってきたぞ!!鬼どもよっ!!東国の覇王と9998の魔女を血祭りにあげよ!!
死せる者は甦れ、生けるものは死して鬼となれっ!!
いま、彼岸は此方とならんっ!!【奈落の千鬼】のはじまりだ!!」ヨミの【帰還】によって、東国の大乱【奈落の千鬼】が幕をあけた。
キャラ説明2 地獄の王にヨミは問うた。
「閻魔よ。本当だな?本当に9999の魔女の魂を集めれば、母君を甦らせてくるのだな?」
東国の大乱は、ひとりの魔女の復讐よりはじまる。
「覇道のグレン…私は還ってきたぞ!!そなたを必ず血祭りにあげてやる!!」
これは今より数年前---覇道のグレンは東国でその覇業を完遂せんとしていた。
人心は荒み、国が乱れ、大地はたっぷりと血を吸った。
長きに渡り東国の平穏を支えてきた皇の血統が---いままさに途絶えようとしていた。
キャラ説明3 「母さま!!どうしてっ!!どうしてなのですっ!!どうしてヨミが逃げねばならぬのですっ!!」
千年の平和を謳歌した王都は、紅蓮の炎に包まれて、今まさにグレンの手に堕ちようとしていた。
「ヨミよ。よくお聞きなさい。あなたは皇家の最後の血統。皇家の血統を、決して絶やしてはならないのです」
覇道のグレンの大音声が響く
「かっはっはっ!!ここか!!ここに皇がいるのかっ!!時は来たり!!覇道の完遂ぞ!!」
ヨミは仇の姿をしっかりその目に焼き付けて、愛する皇(ハハ)の手を離れ、ひとりの忍とともに王都から逃げのびた。
キャラ説明4 「母さま…母さま…」
ヨミが預けられた神社には秘伝が眠るとされていた。
其は禁断の秘術【死者蘇生】---彼方と此方を朧とし、死者を現世へと黄泉還らせる禁断の秘術。
秘術の収められた匣に、ヨミの手が【ふ】れた。---瞬転。ヨミは獄門の前にいた。
「小娘よ…」それは、此方から彼方へと行く魂の裁き手---閻魔「小娘よ。汝の【死】を選べ」
「私は死など選ばぬっ!!母さまを…母さまを蘇らせておくれ!!」
ヨミに流れるは皇家の血
「良いだろう。小娘よ」閻魔はスゥッと目を細める「ただし、ひとつだけ条件がある」
キャラ説明5 閻魔をも統御する奈落の皇となった【彼女】は黄泉へと還ると、自らを「ナラク」と称した。
「地獄の皇は---二人も要らぬっ」
「かっはっはっ!!同感だっ!!」
「母君の仇っ!!」
「かかってこい!!吾を滾らせるのだ!!」
『いざ!!』『-------勝負っ!!』皇道と覇道、地獄の底で終わらぬ戦いが幕を開けた。
その他 奈落の千鬼
ブースト図鑑 年齢 13 私は黄泉の国より蘇りし。聖者には死を死者には生を。くふっ、ははははは‼‼
誕生日 2月11日
身長 143
体重 41
3サイズ 67/49/63
進化パラメータ #5#10000:10000-19000:19000