Last-modified: 2016年01月21日21時11分更新 (518d 経過) by (162.158.7.57)
Top > 満月 > UR > 晶寿のラリマー
図鑑No. 3992 3993 3994
名前 晶寿のラリマー 晶寿のラリマー† 晶寿のラリマー††
進化段階1 進化段階2 進化段階3
画像 3992.png 3993.png 3994.png
レア度 UUR
図鑑No. 3995 3996
名前 晶寿のラリマー††† 老練晶寿のラリマー
進化段階4 進化段階5 ブースト
画像 3995.png 3996.png 3996_2.png
レア度 UUR LR
召喚魔力 14
スキル  
キャラ説明1 「わちが本当に百歳を超えてるかどうか、知りたいでちゅと?」
ある日マスターは、抑えきれずに訊いてしまった。王家専属占師・マー様に、その真実を。
ヴァイカウル最長老と言ってはばからない人物だが、その容姿はどう見ても幼い子ども。
「超えてるに決まってるでちょーが。姫ちゃまもルマウも、生まれた時から知っていまちゅよ。
そのお父上、お母上、そのまたお父上、お母上も……む? その前も知っていまちたかな……? 忘れてちもうた……」
キャラ説明2 「なんで、見た目が幼児なのかって? それは秘密に決まってちゅ~大人の女には、秘密の一つや二つ、十や千、あるものでちゅよ☆」
とはいえ、俄かには信じがたい。
マスターはさらに訊いてみた。
「どうちても秘密が知りたい? 困った坊やでちゅね~大人の事情に首を突っ込むとは、なんともアホでバカカスマヌケ。
蝉やろーの分際で、人間様に口を訊くなど百年早いでちゅ!」
ぐぬぬ……マスターは涙目になりながら、悔しさに耐えた。マー様と話すといつもこうだ。言い負かされて、口答えのしようもない。熟練の口撃技――やはり本人の言う通り、百歳を超えているのかもしれない。
キャラ説明3 「ちかち本当に、おぬちはいつもアホづらでちゅな~関心ちまちゅ」
毒舌は、抱き潰したくなるような愛らしい子どもの声で、繰り返される。
「そのアホづらの理由を、ちょいと探ってみまちゅかな?」ありとあらゆる思考を検索する、
水晶玉【なっぷる】をかかげ、マー様は呪文を叫んだ。「やっほーしーかー!!」
頭の割れるような、激しい痛みがマスターに襲いかかる!「ちょんな! 百年近く王家に使え、専属占師とちて辣腕をふるって来まちたが、前代未聞……! 
アホづらの理由は――――アホだから、とな!」
キャラ説明4 「あぁん? なんでちゅか、そのジト目は。まちゅたーのくせに生意気な。これはちょっと、おちおきが必要でちゅね。
何にちまちゅか? ゲンコツでちゅか、ビンタでちゅか? ラリアットにしまちゅか? バックドロップがいいでちゅか? ああ、そうでちゅか、『こまんど・ぴー』がいいんでちゅか。おぬちもなかなかの好きモノでちゅな~」
言っていない! なんにも、言ってなんか、ない!
マスターはブンブンと頭を振るが、時すでに遅し。「こまんどおおぉ、ぴぃーーーーーー!」閃光が、襲い来る――!
キャラ説明5 『こまんど・ぴー』とは、【なっぷる】の思考検索を利用した攻撃波の一種で、
他者の恐怖の記憶を植え付け、思考を破壊するという、マー様の必殺魔法だ。
「ぶは、ぶぶぶぶぶ! うっそでーちゅ!! ……わ、笑えるでちゅ……なんでちゅかその顔はーーー!! ケッサクでちゅ~! 動画保存ちて全世界に向けて公開ちたいでちゅ~、ぶぶぶ!! お? 怒ってるんでちゅか? おこ? おこでちゅか? 肩がぷるぷるちてまちゅね~、ぶぶぶ!!」
言い返せない……言い返せる隙が微塵もない。
マスターはがっくりとうなだれた。
「ま~、そう落ち込むなでちゅ! 明日はルマウとまた、ギーカー討伐に行くんでちゅよね? 
これで肩の力も抜けたことでちょう、がんばって来るでちゅよ!……ぶぶぶ…
ブースト図鑑 年齢 100歳以上 まちゅたー!これでも頼りにしてるんでちゅよ?信じろでちゅ!
誕生日 9月7日
身長 110cm
体重 22kg
3サイズ B50/W47/H52
その他