Last-modified: 2016年01月21日20時58分更新 (429d 経過) by (162.158.7.57)
Top > 満月 > UR > 深窓のファーマコライト
図鑑No. 3751 3752 3753
名前 深窓のファーマコライト 深窓のファーマコライト† 深窓のファーマコライト††
進化段階1 進化段階2 進化段階3
画像 3751.png 3752.png 3753.png
レア度 UR
図鑑No. 3754 3755
名前 深窓のファーマコライト††† 深窓毒石のファーマコライト
進化段階4 進化段階5 ブースト
画像 3754.png 3755.png 3755_2.png
レア度 UR UUR
召喚魔力 14
属性
スキル
キャラ説明1 誰も寄り付かない、人里離れた洋館でひっそりと暮らしている魔女。
8年にわたる隠遁生活の影響で、透き通った肌には青白ささえ感じられる。
毒石の名を冠する彼女がそのような生活を選んだ裏には、壮絶な背景が隠されていた。
キャラ説明2 彼女の身体を蝕むものの正体は、 8年前、クォーツを庇うことで受けた 魔物からの呪いだった。
制御する事の出来ない呪いを 身に抱えているため、
唯一、心を通わせる友である ファーマコライトと2人、ずっと世間と隔絶して生きて来た。
彼女にとっての世界とは、閉じこもった暗い洋館そのものだった。
キャラ説明3 「そう……クォーツ、魔女協会に入るんだね」
素直に嬉しかった。
親友のクォーツが自分の夢を叶えていく事が、まるで自分のことのように誇らしさでいっぱいだった。
だけど、どうしてだろう。
クォーツが、これっぽっちも嬉しそうに見えないのは…
キャラ説明4 魔女協会に入ったクォーツが、洋館に戻って来た。
理由を聞いても、「自分の居場所はここだから」としか言わない。
……本当は、全部分かってる。
クォーツが何を考えているのかって事くらい。
しなくていい後悔とか罪滅ぼしとか、きっとそんな事を考えてるんだろう。
これは、私が何とかしてあげなくっちゃな……
日の光の差さない洋館の中、ファーマコライトは、1人決意を固めた。
キャラ説明5 クォーツの目を盗んで、結界の外に出た。
こうすれば、きっと魔女協会の魔女が
クォーツの仲間が私を見付け出してくれる。
どうか、どうかお願い。もう、あなた達に頼るしかありません。
私を…いえ、せめてクォーツだけでも助けてください……
ブースト図鑑 年齢 14 ダメ…傷つけたくないから、私に近寄らないで…
誕生日 6月7日
身長 148
体重 42
3サイズ B78/W56/H75
その他