Last-modified: 2016年01月21日22時36分更新 (463d 経過) by (162.158.7.57)
Top > 満月 > UR > 福音のミゼーネ
図鑑No. 4586 4587 4588
名前 福音のミゼーネ 福音のミゼーネ† 福音のミゼーネ††
進化段階1 進化段階2 進化段階3
画像 4586.png 4587.png 4588.png
レア度 UR
図鑑No. 4589 4590
名前 福音のミゼーネ††† 福音のミゼーネ
進化段階4 進化段階5 ブースト
画像 4589.png 4590.png 4590_2.png
レア度 UR UUR
召喚魔力 14
属性
スキル
キャラ説明1 禍々しい大戦の赤く錆びた臭いが、漂い始めたころ――。
しかし、ミゼーネの村はまだ、素朴な喜びに満ちていた。
「アーセガン様のお帰りなのです。たくさん鐘を鳴らすのですー」
晴空へ虹がかかる。天使が降りてきて歌い出しそうなほど、この地は祝福されている。
キャラ説明2 かつては名もなき村だった。住人も、百人をようやく越すほど。
のどかで、いつも風が気持ちよく吹いている。それだけの村。
だが――。
世は荒れ、サバトは狂乱を極め、不穏な影が大陸を覆い始めた。
風には、いつしか血の臭いが混ざるようになり、はぐれ魔女が一人二人と現れては、平和な村を荒らしていった。
キャラ説明3 しかし、村人たちが疲れ果て、住み慣れた土地を棄てようとした、そんなある日のこと。
一人の魔女が現れた。
『この地のエネルギーは特別なものよ。簡単に打ち棄てては駄目』
意思の強い澄んだ眼をした魔女に、ミゼーネは惹かれた。
ミゼーネだけではない、父も母も、村人の全員が彼女の言葉に耳を傾け、敬うようになった。
キャラ説明4 アーセガンと名乗る魔女は、いつしか村のはずれに工房を建て、研究をはじめた。
『はぐれ魔女が来る? 大丈夫よ、私が追い払ってあげるわ。
そうね、実験として、ここのエネルギー【ヴァイロー質】で撃退しましょう』
やがてアーセガンを中心に村人は団結し、無法の魔女たちに抗いはじめる。
周辺地域から一人二人と仲間が増え、気づいた時には、立派な共同体が出来上がっていた。
キャラ説明5 「アーセガン様が無事でなによりですー」
「祝福の鐘で、ご帰還を讃えましょー」
「ただ研究に帰っただけ? いいんです、それでも鐘を鳴らすですー」
「だって、せっかくアーセガン様が造ってくださった鐘ですものー」
「鳴らすだけでヴァイロー質が降り注ぐなんて便利ですー」
「最近は、この鐘の音を聞くと、恋が叶うなんて噂もあるんですよー」
「え? そんな機能はない? いいんです、そこはミゼーネのお祈りでどーにかしますー」
「アーセガン様も恋をしたら教えてくださいねー。鐘を鳴らして、お祈りしますー」
ブースト図鑑 年齢 16 うふー。アーセガン様、お顔が真っ赤ですー。
誕生日 2月19日
身長 159
体重 40
3サイズ 57/46/70
その他