Last-modified: 2016年01月23日23時35分更新 (909d 経過) by (173.245.62.89)
Top > 迷歌のティオナ
図鑑No. 3624 3625 3626
名前 迷歌のティオナ 迷歌のティオナ† 迷歌のティオナ††
進化段階1 進化段階2 進化段階3
画像 3624.png 3625.png 3626.png
レア度 UUR
図鑑No. 3627 3628
名前 迷歌のティオナ††† 白舞萌歌のティオナ
進化段階4 進化段階5 ブースト
画像 3627.png 3628.png 3628_2.png
レア度 UUR LR
召喚魔力 16
属性 半月 / なし
スキル 愛萌歌feat.グーちゃん 全属性攻防↑↑↑↑↑↑LvUPで威力UP
キャラ説明1 着ぐるみアイドルとしてもロリアイドルとしても、すっかりパッとしなくなってしまったティオナ。

頭の上のグーちゃんを抱きしめ、

「グーちゃん、明日はおっきいお仕事貰えると良いね…」


なんて漏らす日々。

今回は、このグーちゃん問題について考えてみたい。
キャラ説明2 事務所からお友達という設定で与えられた着ぐるみ、『白愚右衛門』こと『ぐーちゃん』。


「え…あの、これを被ったまま歌って踊るのは流石に無理なんじゃ…え?そのたどたどしさが逆にウケる…?うーん、私が目指したのはそういうのじゃ…あ、いえ、全力で着ぐるみアイドルやらせて頂きます!!!」


と、最初はしぶしぶ被り始めたが、今では立派なお友達。


最近は、「ぐ~」という鳴き声まで聞こえて来るらしい。
キャラ説明3 「もう、グーちゃん!お洗濯はこの前してあげたでしょ?あんまりしつこいと柔軟剤減らしちゃうよ?」


という感じで、グーちゃんと言葉を交わすティオナ。


それについて、同じ事務所の後輩売れっ子アイドルはこう語る。


『私、ティオナさんのキャラ設定の柔軟さに憧れていたんですけど…やっぱり相当追い込まれていたんですね…。
仕事も根詰めすぎるのは考え物ですね…』

グーちゃんについての謎はさらに深まるばかりであった…。
キャラ説明4 さらに、別の超大物アイドルはこう証言している。


『やっほう!!連邦大統領のイヴだよ!!え?しゃべる着ぐるみ?うーん、シャーロット的なグロテスクな物かな?あ、そんな事より新曲を出すんだ!!【ロード オブ イヴ~連邦の軌跡~】宜しくね!!』

アイドル大統領の歌う連邦の軌跡とは、一体いかなるものなのだろうか。


グーちゃんについての謎はまだまだ深まるばかりであった…。
キャラ説明5 「…このインタビュー、全くグーちゃんの謎に迫ってないじゃないですか!!え?『SM趣味のペットを連れた、歌うだけで人を不幸にしてしまうシンガーソングライターのインタビューもある?』その人にグーちゃんの何を聞くつもりだったんですか!!それだけインタビュー出来るなら、音楽雑誌にして私の事特集してくださいよ…ていうか、大統領アイドルが売れて着ぐるみアイドルは売れないんですね…。」


と言いながら、次の仕事へ向かうティオナ。


その背中には、以前の面影は無い。

きっと、すごろく場で何かあったのだろう。
自信が満ち満ちていた。
ブースト図鑑 年齢 16 ねぇグーちゃん、私たち、いつになったら売れるのかな…『ぐ〜』じゃなくてさぁ…
誕生日 4月1日
身長 150cm
体重 38kg
3サイズ B66/W51/H67
その他
進化パラメータ #5#13500:11500-0:0