Last-modified: 2013年08月15日19時06分更新 (1410d 経過) by hosimori(211.133.196.61)
Top > 進化

概要

進化させたいベースとなる魔女とパートナーとする魔女を選択して、進化を行うことができます。
進化するとベースとパートナーの能力を引き継いでより強い魔女に成長します。
スキルが同じであればベースのスキルレベルは引き継がれますが、パートナーのスキルレベルは引き継がれません
進化対象の魔女は最大5段階目まで進化することができます。(一部例外の魔女もいます)
進化にはゼルを消費し、パートナーにした魔女は消滅します。

進化後能力値の計算式

攻撃・防御それぞれに以下の計算式が適用され、進化後の能力値が決定します。

 進化後 = ベースLv1値 + (ベース現在値×引き継ぎ率 の少数切り上げ) + (パートナー現在値×引き継ぎ率 の少数切り上げ)

現在値の引継ぎはベース・パートナー同様の計算ですが、Lv1値はベース側の方が採用されます。
1段階目ではベース・パートナー共にLv1値は同じですが、2段階目以降のカードを進化させる時は、Lv1値が高いカードをベース側にした方が強くすることが出来ます。

能力の引き継ぎ率

ベースとパートナーの進化段階を揃えることで、引き継ぎ率は高くなります。
ベースとパートナーの進化段階が異なっても進化は可能ですが、引き継ぎ率は5%となります。

  • ベースとパートナーが1段階目同士で5%
  • ベースとパートナーが2段階目同士で10%
  • ベースとパートナーが3段階目同士で12%
  • ベースとパートナーが4段階目同士で15%

輝石魔女や招待魔女など特殊場合は5段階目以降の進化も可能です。
特殊進化後のカードに対し、特殊進化前のカードで進化させることも可能ですが、引き継ぎ率は5%となります。

  • ベースとパートナーが5段階・9段階・10段階・14段階・15段階目同士で15%
  • ベースとパートナーが6段階・11段階目同士で5%
  • ベースとパートナーが7段階・12段階目同士で10%
  • ベースとパートナーが8段階・13段階目同士で12%

能力値計算例

4段階目進化カード(A) + 4段階目進化カード(B)
4段階目同士なので、引き継ぎは率15%(端数切り上げ)となります。
(A),(B)の現在の攻撃力がそれぞれ1010だった場合、以下の合計引き継ぎ値が5段階目進化カードに引き継がれます。

  Aの引き継ぎ値 : 1010 * 0.15 = 151.5 → 切り上げ → 152
  Bの引き継ぎ値 : 1010 * 0.15 = 151.5 → 切り上げ → 152
  ---
  合計引き継ぎ値 : 152 + 152 = 304

この合計値が、ベースのLv1時点での能力値に加算され、進化後の能力値が決定します。
ベースのLv1攻撃値が1000だった場合、進化後は次の値になります。

  進化後攻撃値 : 1000 + 304 = 1304

最大値進化

同じ進化状態で進化させた場合の引き継ぎボーナスを利用して進化をしていった場合
5段階進化する魔女の場合16枚の魔女が必要となります。
トーナメント表を思い描いて頂ければわかりやすいと思います。
なるべく分かりやすいようにと図を作りました。
evolution_tree.jpg

能力値の概算


1段階目の魔女 
Lv.1初期能力値は A
Lv.MAX 能力値は B

5枚1段階目Lv.1カード→5段階目カードの場合:(最小値進化)
その能力値は:

段階目 5 (ブースト)
Lv.1 A 1.1A 1.26A 1.4612A 1.73038A
Lv.MAX B 0.1A+B 0.26A+B 0.4612A+B 0.73038A+B

そして、16枚Lv.MAX進化の場合:(最大値進化)
能力値は:

段階目 5 (ブースト)
Lv.1 A A+0.1B A+0.32B A+0.6368B A+1.12784B
Lv.MAX B 1.1B 1.32B 1.6368B 2.12784B

ちょっと誤差があります。
(引き継ぎ値計算の際に端数がある場合、小数第1位切り上げになります。)

特殊な進化

通常の5段階進化以外のことをさします
ルビー・サファイア・パール等*1イベントの報酬で手に入るカードが該当します。
また、招待特典カード*2の16段階進化のカードもこれに該当します。
基本的には、通常の進化と変わりありませんが、最終段階での強さは、桁違いになります。
ただし、5段階進化するのに16枚必要(最大値進化する場合)になり枚数もかなりの数を使うため現実的ではありません。
ルビー等の10段階進化するものを例に挙げると最大で512枚必要になります。
現実的ではない枚数になりますが、多分強さは桁違いになると思います。
やってみようと言う方はぜひ挑戦してみては?

能力値比較

画像の上から順に①②③となってます
①★1Lv1+★1Lv1=★2Lv1 ★2Lv1+★1Lv1=★3Lv1 ★3Lv1+★1Lv1=★4Lv1 ★4Lv1+★1Lv1=★5Lv1 (計5枚
②★1Lv1+★1Lv1=★2Lv1 ★2Lv1+★2Lv1=★3Lv1 ★3Lv1+★3Lv1=★4Lv1 ★4Lv1+★4Lv1=★5Lv1 (計16枚
③★1LvMax+★1LvMax=★2Lv1 ★2LvMax+★2LvMax=★3Lv1 ★3LvMax+★3LvMax=★4Lv1 ★4LvMax+★4LvMax=★5Lv1 (計16枚

status_comparison.png


  • *1:先行配信なので後日通常のガチャより入手可能になってます
  • *2:後日、別のイベントで入手できる可能性はあるが、基本的には招待キャンペーンが終了したら入手不可